107

 

 北関東地区のローカル用165系を置き換える為1988年〜1991年に製造された2両編成の近郊型電車。

 日光線向け0番代と群馬ローカル用100番代がありました。

 いずれも、165系の下回り、冷房装置等を再利用して製造されましたが、車両履歴上は165系とのつながりは無く、新車扱いでした。

 形式は主制御器・パンタグラフ・電動発電機等を搭載する電動車クモハ107と、空気圧縮機装備・トイレを設置のクハ106型の2形式です。

この2形式で1M1T2両編成を組み、13本を併結して運用されました。

 0番代は2013年に、100番代も2017年にJR線からは姿を消しましたが、上信電鉄に6編成12両が譲渡されています。

 

 

 

 

<高崎車両センター100番代>

編成番号

クモハ107

クハ106

製造次

廃車年

備考

R1

101

101

1次型

2017

 

R2

102

102

1次型

2016

 

R3

103

103

1次型

2017

 

R4

104

104

1次型

2017

 

R5

105

105

1次型

2017

 

R6

106

106

2次型

2017

 

R7

107

107

2次型

2017

上信電鉄譲渡

R8

108

108

2次型

2017

上信電鉄譲渡

R9

109

109

2次型

2017

 

R10

110

110

2次型

2017

 

R11

111

111

2次型

2017

 

R12

112

112

2次型

2016

 

R13

113

113

2次型

2017

上信電鉄譲渡

R14

114

114

2次型

2017

上信電鉄譲渡

R15

115

115

2次型

2017

上信電鉄譲渡

R16

116

116

2次型

2017

上信電鉄譲渡

R17

117

117

2次型

2017

 

R18

118

118

2次型

2016

 

R19

119

119

2次型

2016

 

・運用路線:信越線・上越線・両毛線・吾妻線・宇都宮線(東北本線)・日光線(貸出時)

 

<小山車両センター0番代>

編成番号

クモハ107

クハ106

廃車年

N1

1

1

2013

N2

2

2

2013

N3

3

3

2013

N4

4

4

2013

N5

5

5

2013

N6

6

6

2013

N7

7

7

2013

N8

8

8

2013

・運用路線:日光線